主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ジロデイタリア2007第17ステージ

シュレクとシモーニ

もしかして、天才ですか、、、!?
シュレク、、、!!
22歳、、、!!

私と、同い年、、、!!!*

同じ22歳でも、、、!!

色々いるものですね、、、!!!!

想像するだけで息が詰まりそうなゾンコラン!!
そこを制したのは、安打製造機ピエポリと、
そしてシモーニ、、、!!
ほんとはもっとかっこいいふたりの4コマを描きたかったんだが
僕の想像力の至らなさ、、、!!

すいませんス、、、!!!

すいませんス、シモーニさんと、ピエポリさん、、、!!

追記:
間違いのご指摘をいただきました、
シュレクは1985年10月6日生まれ、21歳だそうです。

年下、、、!!!

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007第17ステージ l

ジロデイタリア2007第16ステージ

天使さん

天使さん(正式名称・スペシャライズド天使さん)を見つけると
「やったー」って感じになりますよね
チョコボールのエンゼルですなぁ
その点、悪魔おじさんは
「やっぱりいた」って感じ、、、
コアラのマーチの笑ってるコアラみたいな
悪魔おじさんは出てくるかなり前から悪魔マークがあるから
「おっ!!」って感じが
ないですよねぇ
しかし、悪魔おじさんはスポンサーがついたとかで
カメラが意図的に映さなかったりしてるらしいが
スペシャライズドの天使さんはどうなっておるのか
スペシャライズドの社員か?
羽が立派になっている気がするが!
まぁ
天使と悪魔どっち映すかっていったら
やっぱり天使だなぁ
カメラに写るために、悪魔が改心することはあるのか!?

そして肝心のジロデイタリア
明日は相当な
相当なことになりますよ!!
ポイント賞もそうだが
なにより総合争い!!
実質最後のチャンスとなるサムニュエルデュバルシモーニ対
その猛攻を防ぐことができるかリクイガスディルーカ。
言い方が今宮さん(F1解説者)みたいになっていますが!
サムニュエルデュバルシモーニには心強い山岳アシストピエポリとリッコがいるが、
どうもアシストがいそうにないリクイガスディルーカ。
しかしリクイガスディルーカはここ数ステージ、ベストベストできているが、
乗ってるのか乗れてないのか微妙なサムニュエルデュバルシモーニ!?
明日はベストベストでいけるのか!?
22度、22度、最大傾斜、1203m、標高差。
ゾンコラン峠、ゾンコラン峠。
決戦の地!
以前から言われていることですが!

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007第16ステージ l

ジロデイタリア2007第15ステージ

やっほ〜!!
今日はいっぱい描きたいことというか
創作意欲をそそられるレース
つまり!?

面白いレースでしたなぁ〜!!

ほいほ〜い!

こんなテンションにもそりゃなりますよねぇ!

書きたいことがいっぱいありすぎて
なにを描こうかと迷ったんですが
もう選べないので、あえて何も描きません!
それが今日のステージでした!
サヨナラ!おやすみ!

うそです!!

さあ僕は何を描いたのか!?
ドルルルッルルルルルルッル(ドラム音)





はい。

続きを読む >>

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007第15ステージ l

ジロデイタリア2007第14ステージ

simo-ni

♪ あ〜あ わかってくれとはいわないが そんなに俺が悪いのか
  山あり谷あり多すぎる そんなステ〜ジを 走れるか〜♪

という不謹慎な替え歌ですが
ここ最近復活したドーピング事件で思い出したのは
高校生のときに友人と言い争いをして
まあ言い争いと言うとシリアスだが単に冗談交じりで
「八百長(少なくとも当時の僕はそう思っていたと言う話である)であるプロレスより、本物で現実の戦いのK-1の方がおもしろいや!」という話でしたが
そのときその友人に
「面白いドラマと、面白くない現実なら、面白い方を見たいだろ!」
と言われて、はっとした。
今回のドーピング事件と関係あるようでない話ですが
それをなぜか思い出したのだから
僕の中では関係ある話なんだろうな〜。

たとえばの話で
言うまでも無く実際の団体とは何の関係もないたとえとして
K-1で、アーネストホーストや、レイセフォーに、マイクベルナルドとか、K-1戦士の多くが八百長をしていて
武蔵だけがまじめにやっていたとしたら
その事実を知った武蔵は、はっとするだけじゃすまないのだろうな
自分の、まじめに競技にかけてきた人生を否定されたような気持ちにもなろう
「もー、おまえらぁ、あやまるから許すけどぉ、これからはまじめにやってねぇ(笑)」
じゃすまないだろう
その部分だけは
ロードレース界のドーピング問題と共通する部分があるのかもしれません

勉強の方法として
一度やった問題を、いくらか期間をおいた後(半年ぐらいがいいらしい)にもう一度やると、それは頭にすごく残る
刻み込まれると言う。
刻み込まれたな〜
サッシャさんが「神がかり的な走りですね!」とか言うと
たしかに「うわー!!すごいぞコレは!」と思うんだけど、
心の片隅、つまり部屋で言うと箪笥の裏側ぐらいのところに
(やってるんじゃないか)とか思ってしまう
つまり、すごい選手を純粋に讃えることができない自分がいます
そんなのは嫌です
なので僕は
それが何の解決になるかは知らんが
今後一切、ドーピング関連のことについてはさっぱり触れないことにします
選手の大半がツールに出れなくなったとかでも
まったく触れません!!恐ろしいほどに無視します!!
ひゃははははっはあは!!
だってさ、だってさ!やってない選手のほうが圧倒的に多いでしょ
99%ぐらいでしょ!ね?ね?ねぇ!(泣笑)
僕と同じく現実逃避したい方のささやかな助けになれば、と思います。

僕は自転車選手でもないし
ましてやグランツールのきつさなどは人から聞くだけで
想像はできるがおそらくできていなくて
そのつらさはわからない
なので偉そうなことはいえないけど
ただ、僕は選手たちに言いたい
「ランス(アメリカ人)にアドバイスを求めよ」
と…!!

そんなオチ聞きたくない!!

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007第14ステージ l

ジロデイタリア2007の最中

まあなんといいますか
JSPORTS等で自転車ロードレース選手の名簿とかを見ていただいて
総合20位ぐらいにはいった事のある選手と
レース単体で5位以内にはいったことがある選手
その選手を消していただいて。
その心は
残った選手が、薬を使っていません

な〜んちゃって
たはは、、、(爆笑泣)

ツァベル〜(爆笑泣)

なんていうか
これからドーピング問題のこと言ったチーム、ツール出場取消な!

なぜ今言う。
Tモバイル帰れ(嘲笑)
嘲笑って10年ぶりぐらいに見ましたね
(藁
ぐらい死語でしょうか

しかし驚くべきことに
今の僕にはこの現実さえ見えていないのでした!
現実逃避宣言はいまだに有効なのです!
いや〜
シモーニとディルーカ、どっちもやってるんだろうな〜!

違う!

どっちが今年のジロ勝つんだろうな〜!!

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007の最中 l

<次 | 2/5 | 前>