主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツールドフランス2008 第17ステージ

エヴァンス

そうでしたそうでした
今日はラルプデュエズや思ってたら
その前に超級がふたつもあったんでした
もう
あほじゃないんですか?

ラルプデュエズでの総合争いは
メンショフとかが遅れるのはいつものことやん!そんなにうつさんでいい!
マイヨジョーヌ集団うつせっつーの!
とか思ってたけど
んー
個人的には一番望まない結果というか
シュレク対エヴァンスをさあ
やってほしかったわけですよ。
サストレがくるとはなあ
まさかまさかのサストレ。
もうエヴァンス的にはたまらんという
そんな感じ。
エヴァンス的にはシュレク兄弟が
ものすごく怖く思えたんじゃないか。
エヴァンスのあのゆがむ口元が
最近かっこいいと思うようになった僕です。
そこいくと最後のサンチェスのアタックというのは
エヴァンス的には最高にイライラしたんじゃないか。
お前一回遅れたやろ!!
でもまーこれはこれでいいんですよね?
勝負はタイムトライアルか。
エヴァンスか。
エヴァンスだろう。
おつかれさまでした
そんな感じ。
意識はしていないのでよくわからないんですが
今年は最後まで総合争いが僅差だということで
栗村さんとかが「おもしろいですねー!」というんですが
「そうですね!さいこうですね!」とは
やっぱり思えないの。今年。しこりがあるの。
今年というか去年もおととしもそうだったけどさ!
「最高」ではやっぱりないですわな、いくら面白くても。
もちろん栗村さんのドーピング(を受けて解説者がすべきこと)の考え方は
去年だったか、おととしだったか、彼自身が切々と語って
それは理解できるし支持もしますけど
栗村さんが「うおおーおもしろいですね!!!!!」といったとき
「本当ですね!今年のツールは伝説に残りますね!!!」と
純粋にいえるツールに
来年こそなってほしいというのを締めの言葉とさせていただいて
今年もこのブログを見ていただきありがとうございました。

ってまだ終わりじゃなかった!!!

やっぱり明日からの2ステージは蛇足だよなあ
スプリンターのステージというわけでもない
単に複数名の勝者を作るための消化レース
こんなんが2レースもあるなら
頂上ゴールがせめてもう1ステージあれば面白かったと思うんですが
続きを読む >>

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第17ステージ l

ツールドフランス2008 第16ステージ

うy

今日みたいなゴール付近がもう2,3ステージあってもいいと思うランすです

今日は今年最もつらい超々山岳ステージ。
次々に総合争いさんたちに襲い掛かるCSCの攻撃に
エヴァンスはじめその他の方々はもうてんやわんやの大騒ぎであった
CSCの不気味なまでに静かな攻撃。
「今日はタイムなどどうでもいい、われわれ以外の人間の体力を奪うことさえできればいい」
といわんばかりの冷静で狡い波状攻撃。
かといってこのままのタイム差でいくとしても
20ステージのタイムトライアルのことを考えると
そうそう余裕ぶってもいられない。
明日。
ラルプデュエズで、CSCは明日最終決戦を挑んでくるであろうっ!
そこいくとエヴァンスのあの「ギリギリっぷり」も不気味だ
マイヨジョーヌ集団の中では常に一番きつそうだが
なんだかんだいって一度も遅れることなくCSCレースについていってるし。
意外と明日ガーンといくのかもしれん
その他は、、、
まーよくわかんないんですが、、、
最終決戦は明日か。
っていうか
18・19ステージっていらなくないっすか?
こんな中途半端なステージ、このシーンでいったいどうしろというのか…。
それも二日連続、、、、
ボーナスタイムがあるならまだしも、、、。
どうせならもう1ステージもしくは2ステージ
頂上ゴールを増やすとか
ボーナスタイムがない今年ですから
「だましあいっこなしの勝負ステージ」って
めっちゃいると思うんですけど、、、

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第16ステージ l

ツールドフランス2008 第15ステージ



そうかそうか
そうでしたそうでした
CSCが強かったんでした
というかCSCシュレク対その他という構図。
なるほどなあ
というかもうCSCのものじゃないですかねマイヨジョーヌは
ふむふむふむ。
コールって誰?

っていうか
テンションがあがらないのは
アルプスに入っているというのにいまいち盛り上がらないというのは
オーラがある選手がさあ
いないんですねえ。
「応援してる選手」じゃないの
「オーラがある選手」。
気になってしまうというか見ちゃうというか
カリスマ性というと違うかもしれんがそんな感じの人
「主役!」という人?
ランスとかコンタドールにはありましたよそういうのが
リッコ、ヴィノクロフ、ラスムッセンにもありましたよ
ドーピングがどうとか言う以前の話でありましたよオーラが。
ないなあー、いま総合争いしてる人たちにオーラ!
「脇役」という雰囲気を拭い去ることができないんだこれが!
僕だけの話だと思うんですけど!
別に誰がマイヨジョーヌでもいいし、、、とか思ってしまう
いや黄色くなるのは大変すばらしいことだと思います、
エヴァンスがマイヨジョーヌをはじめて来たとき
もらい泣きしたもの。
でも
「うおお」
と心から思えない自分


続きを読む >>

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第15ステージ l

ツールドフランス2008 第14ステージ

ツァベル

今日はツァベルーーーーーー!!
かと思ったらフレイレだった
でもまーこれでフレイレも
「え?マイヨヴェールってカベンディッシュじゃないの。」
とかいう冷たい視線を感じずにすむだろう
ツァベルのスプリントを非常に久しぶりにじっくり見たんですが
アレに擬音をつけるとすればなんだろうかと考えて
「もぎゅもぎゅもぎゅ」
というところに落ち着いたんですが
「ごしごしごし」とか「もっもっもっ」
でもあるかもしれないと考える自分がいるのも事実
ど〜うでもいいですか!
今日程度の坂でおのおの独りぼっちになった総合争いの皆さん
こうなるとエヴァンス圧倒的に不利よなあ

そういえば
今日は特に何もないステージやけん
考えたら
リッコにはlene marlin の never to know という曲があうなあと
歌詞 http://www.azlyrics.com/lyrics/lenemarlin/nevertoknow.html
itunesにもあるのでお聞きください

「現実がいい?面白いうそがいい?
 彼の笑顔が見たい?泣いてるほうがいい?
 彼についていってあげる?一人ぼっちにする?
 わからないわよね、、、わからないわよね、、、」

というところが「もどってこよおリッコおお」と思う
違反者はもう二度と戻ってくるなという気持ちもわかるが
戻ってくるのも結構ありだと思うんですよね、、、
戻ってきてもらう方向でひとつ、、、

あとpachangaの「死神の横顔」も
ドーピングのテーマとしてはいいと思う
itunesにもあるのでお聞きください
歌詞 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND59734/index.html
pachangaは大阪で路上ライブとかもやってて
CDとかの音よりも路上のほうが断然にいいので一度見てみたらいいと思う
ってドーピングのテーマって!

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第14ステージ l

ツールドフランス2008 第12ステージ

カベ

ゴールスプリント、
今日は一度集団が止まったその瞬間
ミルラムがまずカウンターを仕掛け
その後クレディアグリコールおよびクイックステップの総攻撃で
コロンビアを撃墜!
おお!これはカベンディッシュ以外(おもにマキュアン)がついに!
と思ったら
それらのトレインに一人乗っていたカベンディッシュがとっちゃった
あれ
これってどっかで見たことがあるきが
そうだ
マキュアンのお家芸、無賃乗車だ!
ちくしょうカベンディッシュめ
勝利だけでなく
マキュアンの特技まで奪うつもりか!!
ほら、今日はさすがにマキュアンも後ろで「くそったれ!」ってかんじじゃないか
そんな急にいろいろし始めたら、ホリエモンみたいな目にあうぞ!
もしくはサムニュエルデュバルみたいな目に

はははは

続きを読む >>

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第12ステージ l

<次 | 2/5 | 前>