主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

パリ-ニース 第6ステージ

コンタヅゥール

かの明石屋さんま氏曰く

外国に旅行するときは、「あなたの名前はなんですか?」だけ覚えておけばよいそうだ。

そこで「私はロペスガルシアです」と教えてもらうと

感情をこめてその名前を繰り返すだけで、大抵の場合、意思疎通は成功する、と。

「ロペスガルシア〜(^^)」とか

「ロペスガルシア〜(>_<)」とか。


話は変わりますが。
人の噂を聞いていますとJSPORTSに愚痴ってしまいますね
「パリ-ニースよりもティレーノ〜アドリアティコ生中継せぇや〜」と
だってティレーノ〜アドリアティコっていうのは、僕の大好物
じゃなくて好きな選手がいっぱい出てるじゃあないですか
マキュアンにツァベル、ベッティーニ、そしてバッソ、ヴィノクロフその他。
名前だけで顔が思い浮かぶ人たちだもの。マヨZ だってでてるのに!
それに比べてパリ-ニースは
ポポヴィッチ?コンタドール…レベリン(´・ω・`)
知らんわ〜名前はよく聞く気がするけど〜
知らん俺が悪いんか〜?

関西人的観点から言うと
パリ-ニースは東京のお笑い番組
ティレーノ〜アドリアティコは大阪のお笑い番組でしょうか。
パリ-ニースがエンタの神様だとすると
ティレーノ〜アドリアティコは漫才大賞もしくは新喜劇でしょうか。
なんだそのたとえ。

選手と言うかチーム的にも「パリ-ニースよりもティレーノ〜アドリアティコの方が戦略的価値がある(メインのライバル選手達とウチのチームを比較検討できる)」という雰囲気があったりするんじゃないのか
なんなんだこのスター選手たちは!!

つまり
パリ-ニースがM-1だとすると
ティレーノ〜アドリアティコは上方漫才大賞でしょう!!

そして明日はテンションの上がらない周回ステージ。
録画してみます♪

そして今日のもう一人の勝者↓
gg

これはもうボーネンのあれへのオマージュと言うか
皮肉と言うか
パロディと言うか
そういうものだと個人的にはふんだんですが

暗黙の了解が多いロードレース界で、
「1位と差が開いた集団スプリントでの2位争いの場合、純粋に1位になったときと同等のガッツポーズをしてもよい」という暗黙の了解が付け加えられたら
ボーネンは一生いじられ続けるのか…。

| コメントする l カテゴリー:パリ-ニース 2007 l パリ-ニース 第6ステージ l

<< パリ-ニース 第5ステージ | main | パリ-ニース 第7ステージ >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。