主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ワールドサイクルカップ2009春季Ritsクリテリウム いわゆる春Rits



今日は皆さんお待ちかね
ワールドサイクルカップ2009春季Ritsクリテリウム
いわゆる「春Rits」に行ってきました。
どういう大会かというと皆さんご存知のとうり
立命館大学構内で行われる、
第11回全日本学生選手権クリテリウム大会をメインに
ほかの人たちも自転車でレースしよーぜ!
みたいな大会ですね、
僕は今年初めて行きました。
初めて行きましたというか初めてこういうのがあるのを知りました。
(ちなみにパリーバストーニュだかなんだかは見ません)


風で!

天気は「晴れ間は常に見えているのに雨が降ったりやんだり、それが結構降るときは降る、
しかもこの時期にしてはすごい寒い、風すごいし」
という一番うざい天気加減。
先週鈴鹿サーキットに行ったときはあなた、
半そでで日焼けしまくりで肌いてー!って感じだったのに
なんだこの気候変動は



ぼくが着いたころは
メインイベントの?全日本学生選手権の予選中でした。
このレース、朝7時から17時ぐらいまでぶっ通しでレースするので
ただ自転車が見たいっす、という人には超お勧めかもしれません。



20個ぐらいカテゴリーわけされたやつがずっとやりおるわけです。



オープンキャンパス中でした。
ここへきた高校生ども、
「すげえ、大学は自転車のレースをやるところなのだ」と思ったという。


で、そのスケジュールに文句があるんだけど
いわゆる上級クラスですわな、カテゴリー1。と、大学選手権。
が、なんで午前中やねん、と。
で、午後は初心者、子供を中心とした下級カテゴリーが目白押し、
なんでやねん、逆やないかい、とひとりでつっこんでた。



寒いし雨降るしでみんなさぶそうですが
レース展開的には結構活力ある展開でございまして
いわゆる草野球的なというとあれですが
見てる分にはけっこうおもしろいです。



万博のレース見に行ったときもそうだったけど
自転車界下位カテゴリー(だとおもうんですけど)における
シルベスト勢力の巨大さは目に余るものがあります。
レース会場で「シルベスト」をゆう言葉を聞かない日はありません。
二日しか経験してないけど。



その場でトラブルをしのげるようにか、消耗品とかも売る店があった。
特価だった。



スタート地点。
このコースが妙で、フィニッシュライン、周回がカウントされる
コントロールラインですか、それがこの奥に100mぐらい行って
右に曲がって200mぐらいのところにある。
しかしここはメイン会場的な存在で、実況的なことや応援団もここにいて
結構人が集まっているのだが
ゴールが見れないという
なんでや、なんでそんなコース設定にしたんや、というコースです。
一周2.1キロ。



選手目線



最終コーナーなのか第一コーナーなのか、
上の地点から100mぐらい奥にいったところにある一位の木です。
選手たちはレース前にここで祈りをささげたりは
僕の見た限りなかったっす。



カテゴリー2?がおもしろかったです。
瀬田工業高校!僕の母校
ではないけど、結構知ってるよ瀬田工業高校は!!
瀬田工業高校、いわゆる地元(たぶん)の選手が序盤から逃げを決め、
ずっと逃げ続ける。
最終周回までは逃げてたのでナイスガイだった。



追う集団。
後ろに見える建物で立命館の奴らは勉強したりしてるんだぜ、きっと!
ここら辺がもっとも人口密度が高いところですか、
まあ、客すくないわ。



最終周回にはいった地点でこの差。
「逃げを集団が追う」というのは見慣れた光景だけど、
複数名の同じチームの人がいなくても追撃は成立するんですねえ、とか
思いました。
トレインがあってはじめて追撃になると思ってました。



結末は圧倒的スプリント力でこの人(名前何もわからん)で勝利!



ゴール地点の反対側。
人がいないところにはぜんぜんいないっす。
次のレースも逃げが決まったレースでした。



大学っぽい、大学っぽいなあ、
ワークショップなうえに、それのラボときた日にゃあ
もう大学だろう、これは。インテリやろう。
大学でレースしてるんだろう。
しかもエクセルですよ、「この表エクセルで作ってん」とかいわれたら
「ワード使えるけどエクセルはわからんねん」とかいう奴は
もう完全大卒でしょう。まーそのエクセルじゃないでしょうが!



ストラーダってあの、ミドリ電気のちかくのストラーダだろうか、



しかしさむい!さむいし雨降るし!
昼には晴れるやろうと思ってたら晴れるやら雨降るやらみたいな天気!
まあ、あたりまえだけどそこらじゅうに大学のジャージとかを着た人がいて
考えたら自分、こういうのを経験したことがないなあ、と思ってちょっとうらやましかった。



そしてそのレースの次が大学選手権。応援団も色めきたつぞ。
奥にいるのが大学選手たちだ。青と黄色のユニフォームの鹿屋大学が多い。
鹿屋って「しかや」だと思ってた。「かのや」だった。



応援団長もレースを見守る。



勝った人



逃げ切り(たぶん)!
ISO1600ぐらいまではいけるかなあ、
自転車がとまって見えるのシャッタースピードはなんぼぐらいだろうなあ
(これは1/800にするために1600まであげたのだ)
カメラの話です



そのころの選手控え室的領域。
ホイール放置。



鹿屋。
玄米黒酢とかがスポンサーについとる。



スポーツジム!さすが関関同立!



スタート!
レース序盤は鹿屋が先頭を引きレースをコントロールするがすぐに崩壊



応援団!
女子率高し!チアリーダーが女子なのはわかるが
そのほかのパートも女子多し!草食男子!



そのころの鹿屋女子。アップ中。
ものすごい壁際なのは趣味?
こけそうになったとき片方に手をつけるからとか?
ローラー台とか使ったことないからわからんたい



路面は完全ウェット!
あちこちで落車がおきていたそうです、
「係りの人が「10人ぐらいこけてましたわー」とかいってました



出場選手がもらえるはずのお菓子セット!
うまい棒だが種類はいくつかあるようにみえました!



ゴール!誰が勝ったのかわからん!
この早稲田のひと(たぶん)が勝つと思ってマークしてたら!
しかも誰も手を上げたりしないし!誰が勝ったとー!?



その次に行われた女子の部。
10人ぐらい、、、。
もっと自転車に乗れ女子よ
ガールズビーロードレーサーですよ



鹿屋体育大学は有名なロードレースのところなんですか?(なんもしらん)
目の前で鹿屋の人が落車してびっくりした、



女子のころのゴール地点。あからさま!
見るぐらい見てろよ部外者、という感じ。



勝ったのは地元立命館の人!



タンポポとレースを撮ろうとしたものの地面がぬれているので
低い体勢になれずあてずっぽで撮ったら撮れてなかったの図
(右に切れとるやつにピンと合わせたんすなあ)

女子の部の後、まず子供らのレースがあって初級〜中級のレースがありましたが
まあいいや、ってんで帰りました。雨すごいし、さむいし、、、
見てて思ったのは、やっぱり見てる人は少ないわ、
たぶん出場する選手以外の人はいないんじゃないの?ぐらいの少なさ、
学生スポーツなんて野球とサッカー以外見る人がいなくて当たり前ではあろうけど
たとえばツアーオブジャパンとかのサポートレースとしてさ
若い世代の公式戦を「結構人が見てる」とこでレースさせてもいいよね、と我思う。
大事なのは若い世代のモチベーションで、
やっぱ見てる人の量はモチベーションアップにつながるよねと
我思うんですよね、みんなも周りでレースしてたら見に行きませんか。




その他の写真はいくつかここにあります。

| コメントする l カテゴリー:その他レースレポート! l ワールドサイクルカップ2009春季Ritsクリテリウム いわゆる春Rits l

<< アムステル幸也レース | main | ジロで日本で >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

風でなぎ倒された自転車群を見て、なぜか吉本新喜劇とダブって見えたstです。

日本の自転車レースってどれも、よく言えば牧歌的、
ちょっとネガティブに言うと「身内臭」がするものばかりのように思うのです。Japan Cupを除いては。

26日にJapan Cycle Tour #1となる全日本実業団東日本ロードを見てきたけれど、
春Ritsほどではないものの、ゴールシーン撮影の位置取り合戦は全くございません。
その他、同じようにホイールはおろか自転車本体まで放置です。
レース自体はとても面白かったけど。

ところで、ランす先生の今年のTOJ参戦計画はどんな感じなんでしょうか?

| st | 475 |
そうすねえ、
ジャパンカップ、ツアーオブジャパン(もかなり怪しいけど)を除いて
かなり身内臭はぷんぷんするというか
「なに関係ない人がきてんの」みたいなのは
まえの万博のやつでも感じまして
まあ実際「たかが実業団レース」でございまして
逆に実業団バスケとか陸上競技とかクリケットとか
お前は見に行ってるのかというと見に行ってないわけで
「実業団」はそんなものなのかしらん、とは思うものの
やはり感じるこの胸のしこりは
私のロードレースへの愛なのだと思います(自画自賛)
ホイール壊したらレースにとりにいけ、的な管理体制は怖いわ、でもまあ、
スポーツはそんなものかな、とも思うし(どっちつかず)

我輩のTOJは、今年は関係者から招待されて
7日間現地レポーターとして大会に付随する計画だったのですが、
世界的な新型ウィルスの流行の影響かお話が来ないので、
大阪と奈良には行く気でいます
たぶん岐阜にも行くかもわかりません。
東京はそのときのテンションで決めます。
ビール祭りがあったら行きます。
そんなかんじっホー
| ランす | 476 |
「たかが実業団」に同意。
ただ、"既存マス"メディアへの露出が多い競技はもう少し観客多いかもしれませぬ。
いや純粋に客じゃないからこの単語は不適切か。。。
(その会社の社員とか家族が大半だろうから)
ホイールや本体が放置できるのも、そこに居るのは身内だけだからこそできることだと思うのです。
TOJも、選手/機材に近づきたい放題ですからねぇ。

東京のビール、ありますよ。
http://www.nihon-oktoberfest.com/spot/hibiya/index.html

私は去年と同じく、美濃と東京の予定です。

| st | 477 |
壁際で三本やってますねぇ。
手をつけるものがない場所で三本を回せる人はもう特殊技能の域だと思います。
| はぎわら | 478 |
>stさん
ちくしょうドイツビール最高!
でもどーんとでかいのが1000円とか高いっす!
350mmで500円とかだったら色々飲めるんだけどなってそんなこといわれても困りますか!
いくかなあ、東京なあ。

>はぎわらさん
ははー、やっぱり難しいんですね、3本ローラー。
そしてこけるの防止なんですね壁際。
僕ならあそこまで壁に近いと逆にストレスになりそうだなあ(やったことないけど!)
そういえば雅様(市川の)が「3本ローラーぐらいは乗れないとプロとしてだめですよね」とか言ってましたねー
レースに行ったらいっぱい落ちてるので拾って帰ろうかしら(やめろっての)

| ランす | 479 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/282