主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

パリ―ルーべ 2009

 

評:
そら待たんわなあ、
そら待たんわ、
しっかし、「ボーネンの優勝を阻もうとする新参者」が
一気にことごとく落車するという怪現象、
これもまたボーネンの存在感がなせるわざで
まさに殿様商売殿様レース、
ポッツアートへの大ブーイングは面白かったけど
レースの邪魔をするのはいただけなかった、
ポッツアートの前を横切ったり、
それはちがうだろベルギー人、
だがそれもまたロードレースなのであるなあ。

ディスカバリーチャンネルの「怪しい伝説」で
「悪路をゆっくり走るより早く走ったほうが安定するのか」とゆうのがあって
いわば「足が沈む前に次の足を出せば水の上を走れるでござる戦法」に近いものがありますが
悪路は速く走ったほうが楽みたいですね!
そうでしょう、ボーネンさん
イヤーボーネンさんを見てて確信しました、
速く走ったほうが楽、、、ボーネンさん楽っぽかったもの
え、ちがう?結構つらい、
そうですか、、、
あんな悪路を自転車で走るなんてなあ
ぼくならまずゆっくり走ること自体嫌だもの
まず降りるもの。降りて歩くもの。
がたがた言うのがいやだからたぶん自転車もって歩く。あんな道なら。
そんな道を何十個も何十キロも出して走りまくるんだから、
あえていいます!これはもうクルクルパーだと思います!

いっつもおもうんですけど
ああいう石畳って言うのは現地の人からすると、どういうポジションの道路なんでしょうか?
「すごくひろいあぜ道」ぐらい?
時々農耕車が通ったりするぐらい?
でも「生活路として使われてる」って言う話は聞くから
やはり乗用車とかバイクとか自転車とか人が頻繁に通るものなんでしょうか?
通るとしたらあんながたがた道は非現実的で
買い物袋に生卵でも入ってた日にゃあバリバリだとおもうんです。
アスファルトとかにしたほうが絶対いいと思うんですが
そこをあえてがたがた石畳のままにするのは
現地人のレースへの誇り、もしくはSっ気なんすかね、、、
それとも石畳が美しいという風習や、石畳保護条例とかがあったりするんだろうか?

それにしても雨が降らないのは残念だった
期待させやがって(どS)

| コメントする l カテゴリー:その他レース l パリ―ルーべ 2009 l

<< ツール・ド・フランドル 2009 | main | アムステル幸也レース >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

先週『Road to Roubaix』を見に行ったんですけど、
普段はそれこそトラクターがガタガタいいながら
走ってるみたいですよ。 
(逆にトラクターが走るシーンしか見なかった)

| むにぽん | 464 |
ここ何年かでちょ〜おもろいレースでしたね。
ランすさんの描くとおり、
まさに殿のお通りだい状態。

レースの展開が“風雲たけし城”(古っ)
のようにみな、ぼろぼろ脱落していく様が
もう選手たちは当たり前ですが
マジなだけにたまらなくウケてしまいました。
すんまそん。

とうとう2人になった瞬間数秒後に
フースホフトが回転レシーブの受けるように転け。
あのフースホフトでさえトチ狂わせる路。
なんてパヴェなんだ。

ポッツァートってリクイガスんときはもっと
イケメンのいい奴ってイメージだったんだけどな〜。
やはりマキュアン兄貴に操られてんだろうか・・・。
| のちゃけ | 465 |
>むにぽんさん
いいなあRoad to Roubaix、、、
なんでもかんでも東京だけでいいんですかねっ
東京一極集中でいいんですかねっ(しらんがな)

トラクターかあ
っていうかトラクターとか大型車両が通ってるんですか!
そりゃ荒れるよ!
トラクターばっかだったか
やっぱ赤ちゃんが乗ってる系の車とかはあんまり通らないんだろうか?

>のちゃけさん
風雲たけし城は、名前だけ聞いたことあるかな〜?
的な世代ですねー僕は!

あのボーネン以外の不幸っぷりはよかったですね
ホステなんぞもフレチャ落車に巻き込まれて
カンカンだったそうです(笑)
(笑)じゃねえよっ!

ポッツアートはベルギー人ファンから唾を吐きつけられたりしたそうですね、、、
特にフランドル−ルーべを見て、
自分的にはカチューシャには「ヒール」的なレースをしてほしいなあとか
勝手に漫画的には思っておりますが
今年のルーべ、僕はポッツアートを応援しちゃったなあ、後半。
| ランす | 466 |
昨日は人から聞いただけで正確な情報が見つからず、
書けなかったのですが、大阪でも上映されるそうですよ!


Road to Roubaix
シネ・ヌーヴォ(大阪・九条)にて5/23(土)よりロードショー!
お問い合わせ:シネ・ヌーヴォ 06-6582-1416
(J SPORTS STYLE cycle* road race MAIL MAGAZINE より)
| むにぽん | 467 |
ちくしょうっ、、、!
やりやがる!
やりやがるぜシネ・ヌーヴォ、、、!!
シネ・ヌーヴォ万歳!
| ランす | 468 |
た・・・たけし城!!!

懐かしい(涙)
| はぎわら | 469 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/279