主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ミラノ−サンレモ 2009



ミラーノサンレモに勝って
国歌が流れて涙目
めくーりめくられ半車輪
ハウッスラーも涙目

(ルビー/ 吉井和哉(アルバム「VOLT」収録) より)

カベンディッシュがあんなに大泣きするとはのう
本人に言わせると「イギリスではロードレーサなんてほとんど無名」という
イギリス人がミラノサンレモの表彰台で聞く国歌とか
あの涙が全部アレしてますよね、、、
そういう大きいレースで齢23にして、
しかもミラノサンレモ100回記念で勝利するカヴェンディッシュ。
フランドルまでたいしたレースはないとか言ってすいません
まことに申し訳ございません。

しかしカヴェンディッシュはもう完全に別次元というか
あのトップスピード領域での加速というのはアンビリーバボーで
マキュアンでもあそこまで行かなかったよすっとこどっこい、、、
「ツールで何勝するのか」という話ではない、すでに。
「ツールでカヴェンディッシュが勝てないところは逆にどこか?」であろう
超級山岳とTT以外は全部勝つんじゃなかろうか。
今年はオリンピックもないし、終盤の超級を我慢すれば、パリシャンゼリゼでも…!
末恐ろしい男よ、カヴェンディッシュ。

| コメントする l カテゴリー:その他レース l ミラノ−サンレモ 2009 l

<< ランス・ザ・骨折 | main | シーズン開幕! >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

>終盤の超級を我慢すれば
そこで山も登れるスプリンター、ツァベルの薫陶が生きるのでは…と勝手に妄想しています。
にしても、あの速さ・強さは反則です。それでも知名度が低いとは……。まあ「他国では有名でも自国ではあまり知られていない」というのはよくあるパターンなので、気にせずマイペースに勝利を積み重ねてほしいものです。
| 葛原あゆの | 445 |
いやー、まさに今回のミラノサンレモですでにツァベル教官の指導の成果が現れてるのではないでしょうか!
ツールまでにどこまで山に強くなっているのか、コレは見ものです!

そうそう、カヴェンディッシュいわく「ベルギーでは店でお金を払わせてもらえない(いーよいーよ!もってけよ!と言われる)」といいます。
スポーツの嗜好にも国民性があるんですかねー。
| ランす | 446 |
>スポーツの嗜好にも国民性があるんですかねー。
サッカーやラグビーなどの人気スポーツがありますからねえ…。あとイギリス国内でのビッグレースがないのが大きいかもしれませんね。
まあジャパンカップとかあってもマイナーですけど、日本でも(悲哀)

人物紹介新バージョン、コンタドールが逆三角形すぎますw
| 葛原あゆの | 450 |
ほんまに、カヴェンディッシュには度肝を抜かれました。
全然関係ないのに脳裏に「ハラショー」って言葉が浮かびました。彼はまるで宇宙人のようです。
| ぴろすけ | 451 |
>葛原あゆのさん
島国では自転車はあまり浸透しないのかもしれません(泣笑)
コンタドールはねえ、書くたびにデフォルメがされる不思議キャラですね、
よく描くから、というのもあると思いますが
最初のコンタドールからはもうかけ離れている!

>ぴろすけさん
むむむ
カヴェンディッシュがカチューシャに行く、とゆうのも
近い将来、ない話ではないかも。
それにしてもぴろすけさんの書き方だと、
「ロシア人は宇宙人」みたいに読めるので
マキュアンはじめロシアのスプリント集団が黙ってはいないと思います。
| ランす | 452 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/276