主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ジャパンカップ2008 2

ジャパンカップ2008プレゼンテーション
ジャパンカップ2008 1
ジャパンカップ2008 3


古賀志山の山頂近くになるとファンたちのテンションがものすごく高くなってくるぞ
白バイにはもちろんのこと(もちろんかよ)
しまいには救急車にまで声援を送る。
監督たちもその声援に答えていてちょっとうらやましい。
安原監督はハンドルから手を離し両手で手を振っていたという。
どー!


 

栗村カメラマン。
でっかいカメラをぶら下げていたぞ



デル。





今年は去年以上に凝った応援
つまり大きな紙だの横断幕だの
コスプレだの
をする人が多かった。盛り上がってる
盛り上がってるぞ自転車!
とりあえずトイレの数増やしてね!
あと終盤売り切れてる店が多かったぞ



自転車マンは最後の最後まで粘っていたぞ
かっこいい
福島晋一もいつも何かしてるなこの人は



バッソのあののぼりのときの
ポーカースマイルとでもいおうか
クライムスマイルとかのほうがそれっぽいですか?
マウンテンスマイル
とにかくそのようなものが
目の前で
というか
バッソしかみえへんという
クネゴとかボエックラーとかヴィスコンティをちゃんと見た覚えがないんだ



バッソのおしりから足にかけて。
やせたなあバッソ
生で見たのは初めてだからわからんけど
そうそう
きょう、僕はバッソを生で見たんですよ。



ゴール地点からちょっと戻ったところにある鶴カントリークラブの
「急なのぼり」
「そのごの下り」
くだりの選手の速さって言うのは
すごいですね。
お勧めです。



やっぱ人すごいよ!!!
ゴールのときはここにフェンスができて
そこまで人がどどーっとなだれてくる。
ここは坂になってるので天然のスタジアムだ
っていうのは去年書いたっけ

そして、、、

ゴールはバッソ、クネゴ、ヴィスコンティ、アニョーリ(とおもう)
の4人によるスプリント!
会場のアナウンサーは「名前を聞いたらグランツールみたいですね!」といっていたが
でしょう!
グランツールでしょうこれは!
上の4人が(ゴールスプリントの)駆け抜けていったときには
きゃーーーー!
いやーーーー!
て感じだったもの。
スプリント力では劣ると見たのか
先に仕掛けたのはバッソのようで
僕が見たときにはバッソが前だったのだが
クネ〜ゴ!
でた!
クネゴだった!



餃子は前に書きました「もちっと餃子」のとこと「まさし」でいただきました
レース終わってから1時間の間に「みんみん」と「まさし」を食べようと思ってたのだが
みんみんを見た瞬間それは甘い考えだったと思い直し
まあまさしもすごいならんどったんですけど
やめようかとおもったんですけど
そんなに並ぶだけの価値があるのかたしかめてやろうと
たべたら
おいしいけど
「餃子の王将(関西を中心に展開する中華料理店、関西の王将と関東の王将は質が違うといううわさあり)」の方が
おいしいなあ、、、
王将なら早いし、、、
安いし、、、
みんみんで並んで食べた人いるとおもうんですけど
おいしかったですか

ジャパンカップ2008プレゼンテーション
ジャパンカップ2008 1
ジャパンカップ2008 3

| コメントする l カテゴリー:ジャパンカップ2008 l ジャパンカップ2008 2 l

<< ジャパンカップ 2008 プレゼンテーション | main | ジャパンカップ2008 1 >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

いやぁ面白かったですねぇ。
んで凄かったですねぇ。
鶴カントリーの登り区間と、
古賀志の登りで見てきました!

で、駅中のみんみんに行こうと思ったんですけど、
ものすごく並んでいたので、同じ駅中の別の
餃子屋で食べました。
味は普通でした。
朝からワインとビールを飲んでいたので、
帰りの新幹線は爆睡。

そういえば最後のスプリントを見るために
古賀志を下っているときに、
相棒に「ランすさ〜ん」と叫ばせながら歩いたんですけど、
お会いできなかったですねぇ(笑)

| ひできん | 355 |
とにかく「ありがとう」とみんなに言いたいです。
すんごい一日でした。
選手やスタッフの皆さんはもちろんなんですが、私的
には、観戦するきっかけをくれたランすさんに感謝で
す。

とにかくアホみたいに「IN」で観戦してやりました。
クネゴと目が合いましたね。確実に。
栗村さんとも写真撮ったし。

今年は古賀志オンリーだったんで来年は鶴カンで見
たくなりました。

あぁー、早く来ないかなー。来年。


| hyena | 356 |
お疲れ様でした。
あっと言う間にジャパン・カップがアップされてたからべっくり!ちごいね。

なんというか〜夢の中でレースを観戦しているような気さえしていました。周回ごとに感動の嵐〜。

最後誰が上がってくるのかってもう
バッソとクネゴが2人で登って来る姿をみて、鳥肌ものでしたよ。
バッソは本当に体を絞っており、別人のようでしたね。
きっつい坂なのに、ほくそ笑んでるあの笑顔!あぁ〜たまりません。
もう心のなかでバッソ、お帰りと何度も叫びました。

私はレース前最終回部分のコース&古賀志山も試走できてうれしい限り。

なんと帰り道でいいことが。
駐車場に行く途中、リクイガスの選手が1人で
後ろから、うい〜っすって横に来たんですよ。
え?なんでここにいるのよ。ってべっくり。
しかも腹からリクイガスのキャップを取り出し走りながら手渡してくれた。
うど!らつきー。
あっという間に過ぎ去っていった。速え〜!
誰だろ?ってあとで調べたらちょ〜まいなー選手シュタンベルだった。
リザルトは12位あっランすさんのアップ画像にあった43のしと。

写真を見ると
ランすさんあちこち移動してたんですね。さすがじゃ。
誰なんだろな〜って思ってました。
栗ムラさんはなんだか学生さんのようでしたね。
私も一緒に写真撮ってもらいました。
いや〜生はいいね生は。

来年はキャンプしよ。
| のちゃけ | 357 |
初めてロードレースというものを見に行きました!
ランすさんの言うとおり内側がすごかった!目の前で舌をベロベロしながらダンシングするヴォエックラーが気持ちわるかっこよくてファンになりそうです。

レース中〜終盤の山頂には別府の兄ちゃんや宮澤選手、志穂さん(プレスの人)などと見渡せば見たことある人ばっか!
そこに栗村氏がのっそり登場してきたらもう目が離せなくなっちゃいました。
仕事しながらも集団で遅れ気味だったミヤタ時代からの戦友鈴木真理選手に厳しく「いけっ!!」と檄を飛ばしている様は監督さながら。まさに現場でした。しかしその後わんちゃんと戯れるユルい氏。
これぞ我ら。

山を降りてたらそばにいる人が「来年こそは」って声かけられてる人がいて、後々去年の山岳王廣瀬選手だと気づいたり。
もうこの近さは自転車しかないですね。
「Forza Basso!」って言葉が出てこなかったのとデジカメ忘れたのが残念。来年への教訓がいっぱいあります^^
| まるごめ | 358 |
>ひできんさん
いやーすごかったですよ
特に後半の展開なんてほんとうに
グランツールでいうと15ステージあたりの総合狙いの選手の攻防って感じ!
っていっても僕はそれを目の前で見てないんですがん
残念ながら最後の2,3レースは鶴カントリークラブのあたり、最終回はゴール前200m前ぐらい?で見ていたんですわ
なので名前を呼んでいただいていたときには
ほぼ反対側にいたことになるのだった!
駅中の餃子というのは
もしかすると僕が去年食べたところかも。

>hyenaさん
うほ、僕きっかけの感動すか
それはよかったよかった
僕のおかげでクネゴと目があったことにもなりますね!?
イン側はすごいでしょう
もう風圧がブワッときてガッとなるでしょう
選手の息遣いが聞こえるでしょう!
僕はファンにも「ありがとう」って感じですね
特に山頂付近
ファンがファンを盛り上げている。

僕も来年は鶴カントリークラブのあたりで
最初のほうを見たいなあとかおもったり
来年にしたいことがたくさんあるので困ります
せめて半年に一回、、、同じメンバーでレースを、、、

>のちゃけさん
現地にパソコン持って行ってね、現地レポートですよ
そこまでするファンがいますか?ってことなんですよ
これはもうツアーオブジャパンとかジャパンカップの関係者はね
僕にスタッフパスポートの一つや二つくれてもばちはあたらないとおもうんですよ
くれたら僕はサインとかもらいにいけるのに!(それが目当てか)
本当に「本物なのか!」とおもってしまうぐらい
豪華な人々がいらっしゃいました
見たかったわあーバッソとクネゴの古賀志の攻防!
帰りのバス待ち(山を降りて宇都宮駅に行くバス)のとき横をリクイガスが何人か走り去ったんですよ。
ぼかあどうせリクイガスのファンの人だろうとかおもってたのだがゼッケンあるし
選手かよ!とそれだけで興奮したのに
まさかのちゃけさん、選手とそんな濃密な接触があったとわ、、、すげー

キャンプは僕もしてみたいなあ
でも夜はさみーだろうなあ

>まるごめさん
初観戦おめでとうございます!
イン側はすごいでしょう
これであなたもインのとりこでしょう!
ヴォエックラーをベロ王子としてファンになっちゃいましょう!

監督モード?の栗村さん見たかったなあ
栗村さんはちょっとづつ上に上っていってたんですね
というか終盤の山頂付近はとんでもないことになってるんですなあ
来年は山頂に行こうかなあ終盤。

| ランす | 360 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/257