主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ジャパンカップ2008 1

jyapannkappu

ジャパンカップ2008プレゼンテーション
ジャパンカップ2008 2
ジャパンカップ2008 3




はじまったああああああああ!
ちゃんときたよ
ちゃんと走ったよバッソとクネゴとヴィスコンティとヴォエックラー!
夢じゃなかった!


上の段にもズラーッと列


したがって人多いよ!
多すぎだよ!
寒いし!
去年はこんなに人多くなかったと思うんだけどな
宇都宮の現地行きのバスの列よ
見た瞬間まじかよ!と思ったもの
去年はここに来たとき列は下の段までしか並んでなかったよ
さすがミスターグランツールの4人が来るレースよ
僕が来るの遅かったからかも?
そういえば去年はもっと早く来たかも
でも寒いよ!
雨降ってるし!

画像多いよ!


 

きたあああああああああ
きれいですね、
かっこいいですね、
それがましてや
世界トップクラスの方々だもの
しびれるわ
だってあなた
バッソとそれをぴったりマークしとるクネゴが
目の前走ってくんですよ
頭くらくらするわ


今日の考えて撮ったで賞。カーブミラーが微妙に切れてるのがランすクオリティ

レースは一週目から野寺選手を含む3人の逃げが決まり
集団はそれを容認
日本チャンピョンが逃げとるんだから
会場の盛り上がりはもはやいうまでもあるまい



「のでらーーーー!」ですわ



10月とゆう紅葉も始まるか始まらんかぐらいの時期に開かれるジャパンカップ
新緑の季節
つまり5月ぐらいにやったらさぞかしきれいだろうのうとか思うんですが
5月とかはもうグランツール月間ですから
こんな豪華メンバーは来ないんだろうな
10月だからこそのメンバーだよな



古賀志の山を爆笑しながら登るメイタンの
あの
まーちょっと名前は書かないんですけど
選手。
近いわあ
近いわジャパンカップは!



集団が過ぎるたびに上の登っていくファンの数が尋常じゃないんだ
まあこの写真は尋常だけど
とにかく尋常じゃないんだ
やっぱり人多いですよ!
みえねーじゃん!
トイレも満足にいけないしさ!
牛串のとこ並びすぎなんだよ!
くんなよ!
あ、来た方がいいのか
来た方が盛り上がるのか
そうでしたすいません




新城選手。



近い!
みなさんイン側で見ましたか?
実は小生、僭越ながら
イン側で見ろと書いた手前
それでイン側で見た人が事故ったりとかしたらどうしようとか
一人で勝手に心配してたんですが
事故はおきてないようでよかったです
あ、僕ですか
僕はクイックステップの選手にぶつかりそうになりました。
うーん
結構危なかったですね!



この方は去年の方ですね?
ずっと坂を上ったり下ったりし続けている。
彼を見かけるたびに観客は大盛り上がりだ
実際彼の存在はジャパンカップ自体のテンションを
ちょっとばかしは上げているんだ
去年はニッポー(メイタン)自体の旗だったが
今年はニッポー(エンデカ)の佐野淳哉選手の旗。
やってることはかなり思い切ってるが
下るときは「危ないので歩いて下ります」
後ろから押されたとき「危ないから押さないで!」等
ランすザフェア応援賞上げます



これは珍しい
自転車の痛車だ
なめてるとみっくみくにされる



路上ペイントでかっこよかったのがこれです
こういう
「アスファルトのがたがたに、整った文字」とか
キューンってなります。

ジャパンカップ2008プレゼンテーション
ジャパンカップ2008 2
ジャパンカップ2008 3

| コメントする l カテゴリー:ジャパンカップ2008 l ジャパンカップ2008 1 l

<< ジャパンカップ2008 2 | main | ジャパンカップ2008 3 >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

いわれてみれば初音ミク!(←そこに食いついた)

ものすごいお金かかったビアンキに・・・

ピンクのリボンは、パンターニ萌えも連想させる絶妙なイタリア痛車ですね。
| はぎわら | 354 |
ちなみに他にも「MEIKO」バージョンの痛車もありましたよ
二台並んで走っていてものすごく痛くてクールだった!
個人的には「MEIKO」バージョン(赤い)のほうが好みでしたが
写真の付近に止まってなくて残念。
マジでレースできるスペックを持つのが痛車の遺伝子

ちなみにここにも両方紹介されてる(まんなからへん)
http://ameblo.jp/stgt-kiyo/entry-10152918592.html
かっこいい、、、

| ランす | 362 |
うゎーっっ!!すげえ!オルベア・オルカまで!
MR2、シルビアが定番だと思ってた痛車をM3で!!

それより何より、こんな脱線したところで引っ張ってくれるランすさんに無限の慈愛を感じます。ありがとうございます。

自分もイタリア痛車スレスレにしてるので、ついでにディスク欲しかったんですが、
「コスプレでトライアスロンでコーナーをカンチェラーラばりに攻めてユーチューブにアップする」
という目論見がありまして、

「しかしそのミリ単位で計算しつくされたコーナリングはディスクホイールでは突風でも吹けば転倒するだろう」
と踏んで、ディスクは買わないと思ってたんですが、

「めっちゃディスクに萌えてきたじゃないっすか!!」

http://www.geocities.jp/hagy_hagiwara/
| はぎわら | 366 |
ふむー
もう必要最小限にまでそぎ落とされたロードレーサーで痛車を作ることをかんがえると
大きな描画面積を持つディスクホイールはむしろ必然でありましょう(なんという不埒な理由!)
なんなら前後輪ともディスクホイールにできないか?と考えるところですが
「風が吹いて1メートル真横に飛ばされた」
とか言う逸話を聞くディスクホイールは多大なリスクを負います
痛車とは振る舞いを言うのではなく
生き方を言うのでございましょう
怪我しないようにがんばれ!

| ランす | 370 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/256