主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツールドフランス2008 第21ステージ

祭の終わりが寂しさを感じさせるなら
祭は最初から無いほうがええんやろうか
ただ何もせずに何も無いまま何も考えず時が過ぎていくほうが
それは楽やろう
楽やろうけど楽しくないやろうの
うまくいったの

スター不在のツールといわれ
たしかにスターは不在であった
これまで数々のスターの陰に隠れ
そこそこの位置にいた人たちが一位を狙った
パリに着いた選手たち
一日5時間前後のレースを3週間ほぼ連続、
ピレネーやらアルプスやらがある3500キロちょいを90時間で走りきるという。
よく走るよなあ。
「3週間の努力」とゆうけど
じゃあ彼らはこの3週間だけがんばってんのかと
僕らでも3週間死ぬ気でがんばれば彼らについていけんのかと
無理なんであって

この3週間を走りきるというまずその最小限の資格のために
彼らが一年
いやあ
それこそ十年二十年かけてきたものの重み
スターが存在するツールは
華やかすぎて
目に見える部分つまり一日5時間前後のレースを3週間ほぼ連続、
ピレネーやらアルプスやらがある3500キロちょいを90時間
の部分だけがまぶしくて目立つけど
今年のツールは見えない部分を
見せられた感がある
それが人生さ!
軽く言いよるわ



シャンゼリゼのゴールスプリントは
「うおおおおおお相対速度おおおお!!」
という感じでしたが
ステーグマンがツールを締める後方で
マキュアンは今年はゼロでした
カロリーがゼロではない
勝利数がゼロだ
カヴェンディッシュに4勝もされたこの恨み
晴らさずにいるものか
必ず
必ず!
そしてシューマッハー、、、
いつでもいるなシューマッハ。
気がつけばシューマッハ。
というかマジな話
オリンピックは出るのか知らんけど
世界選手権のタイムトライアルとロードを
両方狙えるんじゃないかシューマッハ。
これはもうベッティーニの「何でも欲しがる」という称号を
受け継ぐのはほかでもないシューマッハ!
しかもゆくゆくは山岳賞とか
へたしたらマイヨジョーヌまで狙える
「マジで何でも欲しがる」シューマッハか!
むむーっ



あとある意味大物の素質を見せた
サストレの子。
ふつう子供は
親が表彰台に連れてくるのはいいんだけど
緊張してるのか迷惑なのか静かにしてるもんでしょう。
しかしサストレの子は両手を上げて歓声にこたえるわ
走り回るわ
フレイレの子を威嚇するわ
一度でいいからちゃんとライオンさんを持ってあげて!
振り回さないで!
尻尾をつかんで振り回さないで!
ほら、エヴァンスにあたってるし!
いまこの映像が
いまから20年後ぐらいに
「マイヨジョーヌの幼少期」とかいって
放送されたらそれはもうおもしろいなあ
ちょうどそのときフレイレの子がライバルだったりして



表彰台誘導係の前髪(妙にイケメン)魔人こと
誘導王子は最終ステージでも健在だった
山岳では見なかったですけどねー
平坦では結構いたよねえ
山と平坦でわけてんすかねえ誘導係。
見てないですかそんなところ!そうですか!
しかしひげが伸びました
ヒゲ王子です
今年のツールの最後を飾ったのは
表彰台誘導係のヒゲ王子です

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2008 l ツールドフランス2008 第21ステージ l

<< ツールドフランス2008 第20ステージ | main | ツールドフランス2008 >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

サストレんとこの小僧、素晴らしかったですよね。

「らいおーん・ぱーんち」は実の姉とかエバンスとかフレイレんとこの子供とか当たりまくりだし。
絶対、フレイレんとこの子供に「なんで君んとこ緑なの? うち黄色なんだけれども?」「どーして君、ライオン持ってないの? あ〜。緑だからね。」とか無駄な闘争をしかけてますよね。

横でカンガルーと国旗持ってそわそわしてるエバンスも楽しかったですが。

今年もこのブログでものすごく楽しませてもらいました。
ありがとう。

| つよし | 299 |
一夜明けて・・・

おつかれさまでしたっ!
今年もこちらのブログで泣き、笑いながら
ツールを楽しませてもらいました。
感謝です。

サストレの優勝って、いい結果だったんじゃ
ないかなー。。しみじみしちゃいました。

あの穏やかそうなサストレの息子は
めちゃめちゃ暴れん坊で意外でしたね(笑)
子供同士の初対面対決は動物ちっくで
サストレ息子の威嚇勝ち・・・将来大物になりますよ、彼は。

子供のいないエヴァンスはメットに奥様と愛犬の名前を
書いているとの噂ですが、
連れてきたのはカンガルーでしたね。
国旗と一緒に持っているのを見て、
そしてスペイン国歌が流れ始めたときのエヴァンスの表情を見て、
ああ、この人は今年こそはオーストラリア国旗&国歌を
シャンゼリゼで掲げることを切望していたんだろうなぁ
と、これまた、しみじみ思っちゃいまいした。

・・・しみじみでヒゲ王子には全く気づかず。不覚。
| くろぱんだ | 300 |
>つよしさん
そうそう
あのエヴァンスの「どうしようもなさっぷり」が
見ていて切なくも面白くあった
「ここは注意しとくべきか?いやでも子供だしこれぐらいはなあ、でもツールの表彰台だし、、、っていうかサストレ注意しろや、、、」って感じ

ブログ見てくれてありがとうございました

>くろぱんださん
サストレ息子の威嚇勝ちでしたか?
いやーフレイレ息子もきれいな顔して「あ?」ってにらみ返してましたよ!
あの二人はこれから来るなあ!!

エヴァンスは来年こそ、なのかしら
ロットは
総合を狙えるチームでは以下略
| ランす | 302 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/241