主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ジロデイタリア2008 第20ステージ

f

今日の解説は栗村監督だったよなあ〜〜〜〜
それはいいとして
学生時代やたらと「=」を使いたがる歴史の先生がいて
「貧困=一揆」とかかかれて言葉にはできないものの
なにか胸のもやもやがあった
「1600=関ヶ原の戦い」にはさすがに閉口した
それもいいとして

片思いの恋人のサッカーの試合を両手を握り締めて応援していた女子のごとく
ディルーカの敗戦には泣き崩れた
うむむー意外ともろかった
まー昨日あんだけアレした人だから
そりゃ普通に考えたらな
残念だけど
昨日相当かっこよかったから許す
よきにはからえ

相当かっこよかったのはセッラだった
外見的にはそれほどでもないかも知れないが
選手としては相当かっこよかった
アタックにつぐアタック
3勝目という。
リッコとの確執も見てるぶんには非常によい。
そうなんだった
上位陣で唯一「失うものがない」的な人はセッラなんだった
山岳賞という栄誉を自分のものにして数ステージをもてあましている彼にとって
モチベーションといえば「総合のできるだけ上に行きたい」
そのためにはがんがん無理しちゃってもいいやという気持ち。
別にその挑戦に失敗して総合20位ぐらいになったとしても大差ない
山岳賞だってもってるもん!
て感じの人なんだった
それが見事にきたなあ

セッラの次に輝いていたのがシモーニ先生だ
正直ここ数年ロードレースを見ていて
「なぜ人はみなシモーニをそんな上に見るのか」とか思ってたけど
ここ数年で一番輝いているかもしれないシモーニ
シモーニの髪形がわからんものの
そんなことはどうでもいい(いいのか?)

さて今年のジロは今日で終わりではない
明日が最終日のくせにタイムトライアルという
そんなあほなというステージ設定
コンタドール対リッコですよ先生
4秒差!!!!
っていうとタイムトライアルでは結構ついちゃうさじゃあありませんか
「4秒差」っていうか
「勝つか負けるか」で決まる差じゃありませんか
ここまで20ステージ80時間ぐらい走ってきて4秒差で決まってしまうなんて
それまで一問10点だったのに最終問題が100点のクイズ番組みたいな
今日で総合決まってたほうが山での最終決戦が見られてよかったんじゃないのかとか
やっぱり思うのう

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2008 l ジロデイタリア2008 第20ステージ l

<< ジロデイタリア2008 第19ステージ | main | ジロデイタリア2008 第21ステージ >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/212