主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツアーオブジャパン2008 美濃ステージ:1

美濃ステージ第二章



何がよかったってこのシーンがよかったな
どのシーンかわからないって…
なにいってんすか
どこからどうみても「表彰台で、勝った福島選手が若いこれからの新城選手を立てていたら、新城選手が勝ったのはあなたでしょと福島選手を立て直した」という実に新城選手の人柄を表しているシーンじゃないか。
顔はおいおい似てくるからっ
これからよくテレビで見るだろうからっ
おかしいなー「これは描きやすい顔だ」と思ってたのにな!!!

ってことで
ランす・ザ・ツアーオブジャパン2008最終ステージ
第三戦美濃ステージだ
d
写真は美濃市駅。非常に寂れている

まいったのは美濃太田から美濃市までの長良川鉄道が
あんなに学生で超満員になるとは思わなかった
まさか単線で一車両だとは
来年長良川鉄道でいこうと思う人
乗るときはできるだけ前のほうに乗りなさい
後ろから乗って前からしか降りれないシステムです
美濃太田から乗って美濃市につくころには
前にいけないぐらい学生でぎゅーぎゅーですから!
学生もこの電車は俺らのもんだとばかりに大声でしゃべって
アナウンスが聞こえないので今、何駅かもわからないですから!
しかしなぜこんなに学生が集まるのか

d

これだもの
7時台でも「一時間に3本、ほか一本程度」
そりゃ「これにのらな遅刻」だものいっぱいになるもの。
しかし「美濃市」で降りる客は少なかったなあ
誰も使ってこないのかツアーオブジャパンに。
もっといい交通機関があるのか
関係者と地元民以外は来てないのかツアーオブジャパン。

d

なにが感動したって
前の二つのステージではスタート前のチームピットと観客の間にはフェンスがあったのだが
美濃ステージはないよ奥さん!
だからほいほいチームカーとか選手によっていけるんだ
だからその気になれば選手にこちょこちょしたりできるんだ!

d

近いので写真に撮ってたらば
福島康司選手が「僕撮ってくれてるんですか!ありがとうございます!」と言い寄ってきた
まさか言い寄られるとは思わない私
「あううあうう、ありがとうございます」しかいえませんでした
せめて握手もとめたらよかった
で、できればサインも、、、
「がんばってください応援してます!」ぐらいいえないものか私

d

こどもにハーモニカでアンパンマンの歌弾いてるし

d

その後ろでは選手が民家の軒下でくつろいでるし

d

食ってるし
ああ
近い
選手が近すぎます

d

凛々しいし

d

自分の家の前の道がチームピットになっている状況

d

サインするジェイ・クロフォード選手
とかまですぐ近くで見れるというか垣根はまったくないのだ
だからその気になればサインする選手にカンチョーとかもできるんだ!

d
拡大可能

d
拡大可能

d
拡大可能

こういう写真がですね
カッコイイと思っちゃうんですね
実際には「慣らし運転程度」の非常にゆっくり動いてるだけなんすけどね

d

ピョートル・フミェレフスキ選手の使い込まれたサドル

d

×印は中に入ってるものを区別するためのものか
「うちのチームの」ということかしら

d

選手は歴史的建造物の中で待機したり。
なので
この周辺はシトラスっちゅうんですか
鼻がスースーする自転車選手のにおい的な
あのにおいがぷんぷんしている

d

レオン・ファンボン選手のデジカメ。奈良ステージでも撮ってた。

えーとせっかくなのでまだまだどうでもいい写真を載せ続けます

美濃ステージ第二章

| コメントする l カテゴリー:ツアー・オブ・ジャパン2008 l ツアーオブジャパン2008 美濃ステージ:1 l

<< ツアーオブジャパン2008 美濃ステージ:2 | main | ジロデイタリア2008 第10ステージ >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/199