主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

TOJ2008 奈良ステージ

奈良ステージ

歴史と文化の町奈良でのステージ
ツアーオブジャパン第2ステージ
げきあつやった!!!
気温的にはだいぶ寒かったが
レースは面白かったなー
現地で見ててレースが面白いと思ったのははじめ

行くときちょうど通勤通学ラッシュで
だいぶまいった
もっとまいったのは
コース紹介のところにバス「大仏殿春日大社下車」
ってかいてあったじゃないっすか
そこに行ったらまったく違う場所に下ろされた
だだっ広い東大寺の境内?のまんなかに朝っぱらから取り残され
半泣きになりながら歩きに歩いて約一キロ以上
やっとのことで東大寺中門についた
よく考えたらコース紹介のところに書いてあるのは
「奈良交通バス」なのだが
僕が乗ったのは「近鉄バス」らしかった
同じバス停でこんなにも場所が違うものか!?
どんだけでかいのか「大仏殿春日大社」!!

奈良ステージ

鹿に見つめられる浅田監督

奈良ステージ

鹿にそっぽ向かれる栗村監督
鹿多かったですわ東大寺そうでしたそうでした鹿がいたんだった
しかしこんなにもそこら中にいたのか鹿
選手見てたら後ろから突っついてくるし
パンフレット食おうとするし
あなたヤギじゃないでしょ!



歴史的建造物の下に選手と自転車がそろうんだもの
最新のカーボンやら何やらの自転車がそろうんだもの
しかも(ヨーロッパ文化)のロードレースだもの
コレは文化の化学反応ですよ
文化反応ですよ

奈良ステージ

家族なのか偶然観光で来てた同じ国の人なのかと
話が弾むA−スタイルの選手。
時間にしたら9時前ぐらいの「朝一」だけど
修学旅行なのか中高生はじめ
観光客とても多かったですねすごいね大仏。
でも彼らスケジュールを消化するためか
「基本的に素通り」だったのがちょっとさびしかったね
この人たち結構すごいよ!?

奈良ステージ

リラックスした表情の特別ジャージのお二人
この前で子供らが「交通安全」の話をするのだが
「自転車で無理な運転はやめましょう」とか言い出すし
コレからだいぶ無理な運転をするお兄さんたちの立場が



ザッカリ・デンプスター選手

奈良ステージ

サウスオーストラリアドットコム・AISの足元。
「うわあ、ぼろぼろになるまで使ったはるふむふむふむ」と遠目で見て思ったのだが
よく見たらカンガルーとかが書いてあるんだった
泥とかに見えたの。

奈良ステージ

ICタグだたぶん。
コレでタイムを計測したりするんだ多分。



スタート地点からゴール地点に向かうシャトルバスを待つ列。
すぐそこだと勝手に思っていたのだったが
バスで一時間ぐらい、、、
遠いっ
現地に向かうバスの中で外見てたら、会場まで自転車で
結構な坂をせっせと上る人々もいる
でも僕が行ったころに上り始めていた人は完全に手遅れなんじゃないか
自転車には近道がるのかしら
「絶対バスで行ったほうがよかったやんかっ」
とかけんかになってないか心配だ



ゴール地点。
1キロ強キロぐらい上ってゴール地点。
ゴールのちょっと先に山岳ポイント。

奈良ステージ

周回コースに入って早々に逃げが始まり
16人の大きな逃げ集団が逃げに逃げて
メイン集団との差は1分以上に。
なので逃げ集団のチームカーはメイン集団の前に出るわけだが
ププププーとクラクションを鳴らしながら飛び出すチームカーを見て
「うおおー」と興奮したぜ

奈良ステージ

逃げ集団に入ってるチームは集団を引かず
前に追いつきたいチームは引くがペースが上がらないという
見たことある展開に

奈良ステージ

会場はまあこんな感じですがね!
食べ物やさんとかがいくつか並んでいるのだが
寒々しいなあ
お昼時にはちょっとはここら辺も混んだけど
かといっていっぱい客が来たとして(堺ステージ並みに)
ここが耐えられるかというのも疑問
トイレなんか小さいのひとつだけだし
コレだけの客でも並んでたし
気温もさむいしな(今日は曇りだったこともあろうけど)
小雨も降り始めるし、、、
レースは熱いけど

奈良ステージ

もうひとつ熱かったのはこの豚汁!
なんで外で食べる豚汁ってこんなにおいしいのかしら
しかも冷えた体にこの豚汁はうますぎるぜ
野菜も大量だし食べ応え抜群!
来年も来るらしいので来年来たら食べなきゃだめだ。(スタッフのためにとかいてあるが客に販売もしております、一杯250円。弁当とセットで500円という非常に良心的な価格でございます)
「豚汁を作り始めて今年で7年目、最初は自分たちだけだった売店も、徐々増えてきている。」って泣けるじゃないっすか



これがゴール地点の後ろ側にある布目ダムですねぇ
このダムの上を歩いて向こう側にいける
向こう側が残り3キロ地点。

奈良ステージ

ゴール地点からもとお〜くに見える。
ちい〜さく見える集団もなかなかおつなものでございます
なので、、、その気になれば向こうで見てこっちで見てまた向こうに行って
計22回?見れるのだっ

奈良ステージ

実際そういう人もいるのだ
自転車があれば楽勝だが
歩いてもでも早足ぐらいの速度なら「残り3キロ」からゴールにくるまでに間に合うぞ

奈良ステージ

周回が過ぎても集団の差は縮まらない

奈良ステージ

新城選手が特に熱かったな〜
山岳賞!!
プレステージの時は名前間違えたが
今日ちゃんと顔も覚えたから!
もう大丈夫だから!
っていうか僕と同い年だったがんばれ新城選手!!!

奈良ステージ

これが宮澤選手やけん(まちがってないよね!?)
もうまちがえちゃだめだぞ!

奈良ステージ

遅れ始める選手も出てくる。
テレビとかでは写らない部分ですね
チームカーの隊列が過ぎてからやってくる。
そういう選手にはメイン集団以上の声援が送られて泣ける
でもそれはそれできついうよな選手にとって
でもいけるとこまで行ってやるってかんじは素敵だ

奈良ステージ

奈良浩選手も大きく遅れて残念だった
最年長選手。

奈良ステージ

補給地点。
バナナとかスナックパンとか、、、それだけ?
コーラの1.5リットルボトルがある。ちょっとづつ入れるのねちょっとづつ



補給地点。
捨てたボトルはもらえ
ないです
ボトルを拾った人が自然に
自分から返しに行く様を見て(あの人は知ってはんねんなぁ)と関心
補給を渡す人がチームのユニフォームを着てないので
いまいち盛り上がらんなぁ(もりあがるところか?)

奈良ステージ

サルツバーガー選手だと
おもうんですけど、、、

奈良ステージ

後半になるとこれはあかんとAスタイルが主動で引き始めるが
このころに逃げ集団でニッポーエンデカ?の選手がアタック。
そしてそれにすぐ反応したのが新城選手!!
コレを僕の目の前でされたもんだからドキッとした
僕の横の人はおもわず「ひいいいかっけええええ」といっていた
本当にカッコよかった
戦闘機が空母から離艦する
カタパルトの急な加速
そういう、、、
うまくたとえられませんが
「アタックした瞬間」「加速した瞬間」カッコイイ



そしてレースはメイン集団が追いつくことはなく
逃げ集団からサウスオーストラリアドットコム・AISが二人一緒にアタックしたところで決着。
ああーやっぱいいっすよね
あの
目の前をものすごい速度で過ぎて行ったあとのぶわっと来る風

奈良ステージ

レースが終わり帰還するチームカーやバイク
帰り際
帰りのシャトルバスに宮澤選手(だとおもうんですけど、、、)
が手を振っていてなんかよかった
雨もちょっと降ったけどたえてくれてよかったよかった
明日はどうなるのかしら
がんばれ雨
がんばって向こう行ってくれ雨っ

| コメントする l カテゴリー:ツアー・オブ・ジャパン2008 l TOJ2008 奈良ステージ l

<< TOJ2008 堺ステージ | main | ツアーオブジャパン2008 美濃ステージ:2 >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/198