主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツールドフランス2007

sougou

今年のツールを最後まで観たファンの方々
いろんな意味でお疲れ様でした
それでも選手は走り続けました
私達は応援し続けました
そしてまた選手は走り続けるのでした
ありがとうございます

ツールドフランス2007

天使さんと悪魔おじさん
七夕
プロローグ
大!大!大!第1ステージ
第2ステージ
第3ステージ
第4ステージ
第5ステージ
第6ステージ
第7ステージ
第8ステージ
第9ステージ
第10ステージ
第11ステージ
第12ステージ
第13ステージ
第14ステージ
第15ステージ
第16ステージ
第17ステージ
第18ステージ
第19ステージ
第20ステージ

個人的には今年のツールで一番残念だったのはマキュアンのリタイヤ
そして一番テンション上がったのがそのマキュアンの今年のツール唯一の勝利。
あれはすごかったなー
「今度こそほんとにダメだろう」と思っていたら
画面左からぐいぐい来るマキュアン。
あれはすごかった。
今年のツールはあらゆる意味で「色々ありましたな〜」というツールでした
あれもあり、これもあり、と思っていたらそれかよ!
事実は小説よりも奇なりとは
今年のツールのために作られた言葉ですか?
コンタドールのマイヨジョーヌ。
やっぱり「ロードレース妄想者」の一人の僕としては(ねぇよそんなもん)
コレは彼の今までとこれからの数奇な運命の折り返し地点、と見てしまいますよね
おそらく彼がこれから作る物語は
ランスアームストロングのような純粋なサクセスストーリー
というとそれも語弊があるが
なんかこう「右肩上がり」な物語ではない気がしているのです
どんな物語を生きるんだコンタドール。
その眉毛の濃さはなんだ。
あっ
ソレルはもっと濃い
おいボーネン
なぜ君は濃くないんだ眉毛が。

プロローグの僕の発言は涙なしには見ることが出来ませんが
それはこっちに置いといて
こっちって言うかもう何百キロも先に放り投げといて
個人的に今年のツールで気に入ってるのは
第18ステージの「コンタドールにおしっこをかけている選手」(活字にするとすごい)
第17ステージの「ロード男(ろーどお)とファン子恋愛劇場クライマックス」
第12ステージの「栗村監督のなんともいえない表情」はいい感じだし
第5ステージの「3コマ目の空気間」
あとは第14ステージと第9ステージの「エヴァンスの思い出」
エヴァンスは非常にいい顔してますね!
来年はぜひ今年以上にガンガン表に出てきてくれエヴァンス!

そして一番滑ったのはトップ絵でした
こないのねんやっぱり、
あなたはジロの人なのねスペシャライズド天使さん。
そんなに甘い女じゃなかかったか。

では最後まで見てくださった方
時々見てくださったかた
ありがとうございました

いつもどおりブエルタは基本見ません!

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2007 l ツールドフランス2007 l

<< ツールドフランス2007 最終ステージ | main | 今年のツールは人を感傷的にさせる >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
from 昨日の風はどんなのだっけ?
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/154