主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツールドフランス2007 第17ステージ

ベンナーテー

僕的に「ははーん」と思ったのは
ゴール前800mぐらいのところでベンナーティが見せた表情
それはそれはまるで漫画のように
他の3人を見て
「じゅるり」と
舌なめずりをして
「ニタァ」
と笑ったところだ
「これはもろたで」という表情
ライオンがうさぎを戯れに狩るときの表情
あれは
まさにハンターでした
ハンターではないがハンターの表情
ぜったいよだれが垂れてたはずだ





中継開始前のスタジオ
栗村監督の(初めて見た?)暗く厳しい表情と
涙をこらえていた今中さんの切ない言葉

そしてレース中
無理やり明るくふるまおうとしていた中継解説陣の雰囲気が
とても痛々しく思えた
僕は彼らに合わせて笑ってはいたものの
とてもつらかった

昨日は僕自身卑屈になりすぎて
見た人は「なんなんだよ」と不快感をもたれたかもしれませんが
それからよく考えた
今までのロードレース観戦(僕の中では「ロードレース」イコール「ツール」である)
そしてこれからのロードレース観戦について考えた
今日の中継を見ながらも考えた
結論が出ました、、、
正直、これ以外の結論は、ないです
ベンナーテー




こんなことがあっても
なぜ好きか?
その理由はよくわからん
よくわからんが、好きだ
好きでわるいか!!!
ぐはははは!!

これからもあの選手やあの選手が色々あるのだろうけど
それでも僕は好きである

今日の栗村監督のお言葉
「去年のツール優勝者はランディスだし、
今年のツールの優勝者はラスムッセンだと思ってますよ」
ロードレースに関わっている栗村監督のこの言葉で
僕は目が覚めました

第10ステージの優勝者ヴァスールが言っていると僕が勝手に言ってるじゃないですか

”疑心暗鬼で周りが全て敵にになっている集団の中で
信じられるのは一人だけだ
それはスプリント力がある選手でもなく
地元の選手でもない
信じられるのは自分自身だけだ
自分自身だけを信じていれば、失望することはあっても他人を憎むことはないし
もちろんそれが正しければその喜びは自分自身だけのものになる”


と!!
僕が信じるのは
僕がロードレースが好きだと言うことだけだ
ロードレースの景色も好きだし
走っている選手が好きだ
わるいか!

これからも観続けますよ、ロードレースを
走り続けるがいいよ、選手たち
僕はずっと応援しているよ
多分僕だけでなく
そういう人たちはいっぱいいますよ

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2007 l ツールドフランス2007 第17ステージ l

<< ルールールールー | main | ツールドおしっこ 第18ステージ >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ランスさん・・・。(涙)
最高です!!
| XXX | 132 |
言われなくてもわかってるぜちくしょう!
| ランス(日本) | 133 |
それでもランス(日本人)最高!!!!!!!
| あんかーまん | 134 |
わかりきっている事を二度も!
| ランス(日本) | 135 |
コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/150