主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ツールドフランス2007第2ステージ

huhuhu

落車で止まった選手が背後のオーロラビジョンに釘付けになったのはしょうがない
なぜならまたもやボーネンの「勘違いガッツポーズ」が見れたからだった
しかしそれはボーネン的には心外であった
あれは「自分が勝った〜」ではなく
「ベルギー人で俺と一緒のチームの選手が勝ったことがうれしい〜」とゆうガッツポーズだったが
彼はガッツポーズをしたその刹那すぐに我に返った
「この感じ、また勘違いしたと思われてまう!」
(俺はお前のためにガッツポーズしたんだよな)ということを
ステーグマンではなく、観客、ひいてはテレビの向こうのみんなにも伝えるために
彼は精一杯の方法を考えたが
スプリント後の脳がそんなに回ることもなく
彼ができた唯一のことは
「こいつぅ」と震える声でささやきながら
中途半端に少し前のステーグマンの背中を触ることだけだった
それを悔いたのか
ゴール後のボーネンの顔は少しさえなかった


ちなみに個人的なハイライトは
ゴール後ステーグマンの勝利を祝福しにきたマキュアンが
他の選手が帰る進路に立っているカメラマンをかなり強引に(というかほとんど殴っている)どかしたことでしょうか。
マキュアンのアニキは同じチャリの道を行くものを差別しない
上司にしたいロード選手第1位です!

っていうか漫画に描きたいこと多すぎです
もうちょっと面白くない展開にしてください、ツールさん!!

| コメントする l カテゴリー:ツールドフランス2007 l ツールドフランス2007第2ステージ l

<< ツールドフランス2007第1ステージ | main | ツールドフランス2007第3ステージ >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/133