主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

ジロデイタリア2007最終ステージ

最終ステージ
ピエポリさん、本音と建前が逆になってます!!



お疲れ様でした、、、

僕がですが、、、

うそです

お疲れ様でした
いやー、よく走ったなー選手。
昨日個人TTのことで「結局個人プレーかよ」とか言いましたが
ディルーカのマリアローザの表彰式を見て
「やっぱチームプレーやな〜」としみじみ。

今年のジロは
なんていうか
本当によかったですね
何がよかったか
それを今僕がつたない文でいちいち語っても
陳腐なだけなので
「今年のジロはよかったですね!」と言われれば
「本当ですね!」と
ジロを見た人ならいうでしょう
想像してください。
今年のジロ、何がよかったですか?

  



そうそう、それもよかったですよね〜!

ってな感じのジロでしたね!

ちなみに僕は「今年のジロ」と言われてまず思い浮かぶのが
ディルーカのゾンコランの走り。
シモーニピエポリのアタックに動じず、自分を信じて走り続けた。
あそこでもしディルーカがシモーニたちに無理してついていけば
総合はだいぶ変わったかもしれません。
そしてそのシモーニピエポリにとってもうひとつ誤算だったのが
シュレクの存在。
「おまえかよ!?」とシモーニたちは動じたに違いない。

というシーンではなくて
まず思いつくのはティンコフのユニフォームなんですよね〜。
平坦ステージは必ずアタックを仕掛けた、スパイシーなティンコフ。
始まりはティンコフ。
振り返るとティンコフ。
そして締めもティンコフ。
コメッソイグナチョフ。
好きやわ〜。
好きなチームはティンコフなタイプですよ僕は!

なんていうか
ありがとうございました

なんでかしらんが
ありがとうございましたと
選手に言ってしまう
そんな今年のジロ。

ありがとうございました。

そしてベッティーニ

合掌。
s

| コメントする l カテゴリー:ジロデイタリア2007 l ジロデイタリア2007最終ステージ l

<< ジロデイタリア2007第20ステージ | main | ジロデイタリア2007 >>

スポンサーサイト

| コメントする l カテゴリー:- l スポンサーサイト l

コメントする






ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
from 自転車を探るサイト
この記事のトラックバックURL
http://lance-road.jugem.jp/trackback/123